MENU

すそわきがチェック!!耳垢で分かる!?

ワキの下から独特のニオイがするのが「ワキガ」で、医学的には「腋臭症」と呼ばれています。

 

人間の皮膚にはアポクリン汗腺・エクリン汗腺という2つの汗腺があり、アポクリン汗腺から分泌される汗が原因となっています。

 

アポクリン汗腺の分泌液自体は実は無臭なのですが、アポクリン汗に含まれている脂肪・尿素・アンモニア等のニオイの元となる成分と、皮脂腺から分泌される脂肪酸やエクリン汗腺からの汗が混じり合って皮膚に常在している菌によって分解されるとニオイが発生するのです。

 

これは、運動時にかくエクリン汗のニオイとは違った独特のニオイとなります。

 

 

アポクリン汗腺はワキのみならず陰部・乳輪等にもあり、人によってはワキガと同様のニオイを放つことがあり、それが「すそわきが」と呼ばれています。
医学的には「外陰部臭症」と言い、外陰部にあるアポクリン汗腺から分泌される汗がそのニオイの原因となっています。
アポクリン汗腺はワキの下・陰部・乳輪だけではなく、耳の中やへそ周辺にも存在します。
そのため、ワキガ臭が所々から発生します。

 

身体のどこか一ヶ所だけそのニオイが強くなることもあったり、何ヶ所からか合併してニオイが発生することもあります。

 

ワキガを持っている人はすそわきがも併発している場合も多いのです。

 

耳の中の場合、アポクリン汗腺が異常に分泌する症状は「軟耳垢(なんじこう)」と呼ばれています。
常に耳の中が湿っている状態で、すそわきがになる確率はとても高いです。

軟耳垢の人の約80%がワキガで、ワキガ体質の人で軟耳垢でもある人確率は98%とされています。

 

元々アポクリン汗腺は身体の至る部分に存在していたと言われています。
動物は体中にありますが、人間のそれはほとんどが退化してしまいました。
動物が人間の腋臭を嗅ぎたがるという話がよく聞かれますが、それはアポクリン汗腺がフェロモンの働きをしているためと言われています。
性行為時に興奮によりその独特なニオイが強くなるのは、子孫繁栄の大切な手段の一つとして残っているのでしょう。

 

 

ワキガ・すそわきがは優性遺伝の傾向がありますので、両親がワキガの場合は子供は75%の確率で、片親だけがワキガの場合でも確率は50%となり、子供のアポクリン汗腺の数が多くなる可能性が高いです。

 

また陰部の毛が濃い場合もすそわきがの可能性が高いと言えます。
毛の多さよりも陰毛1本1本が太くしっかりしていて、1つの毛穴から2、3本生えている場合はアポクリン汗腺の数が多い可能性が高いのです。

 

 

その独特なニオイは食事内容にも左右されます。
ニンニクなど強いニオイのハーブ素材は口臭だけでなく陰部のニオイも強くしてしまいます。
また動物性タンパク質や脂肪分を多く含むため、肉・乳製品を多く摂取するとワキガ臭は強くなる傾向があります。

 

さらにこれらの太りやすい食品の多量摂取による肥満で皮下脂肪が増えると、皮脂腺だけでなくアポクリン汗腺もその働きを活発化しますのでワキガの悪化に繋がってしまいます。
対策としてはこれらの摂取を控えて、魚・野菜を中心に多く食すると良いでしょう。

 

肥満気味の人はダイエットなどで皮下脂肪を減らすことを心がけると、ニオイもやわらいでくるはずです。

 

 

またすそわきがは、生理中や体調が優れない場合にもそのニオイが強くなると言われています。
その原因は陰部の汗・尿・おりもの・生理時の経血などです。
隠れている部分ですのでどうしても皮膚上の雑菌が増え、この原因をエサとして独特のニオイを発生させてしまうのです。
対策としてはトイレ時のビデ使用、もしくは流せるウェットティッシュなどでやさしく拭くなど、ワキ下のワキガのお手入れと同様に清潔に保つことが基本となります。
生理用ナプキン・おりものシートのこまめな取り替えも大事なポイントです。